Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Repro

Repro

Reproマニュアル〜ファネル分析〜

Repro マニュアル

f:id:reproio:20170210160643p:plain こんにちは!カスタマーサポートチームの山田卓です!

f:id:reproio:20170210160750p:plain こんにちは!同じくカスタマーサポートチームの七島です!

f:id:reproio:20170210160533p:plain こんにちは!新米アプリマーケターの多田萌です!


f:id:reproio:20170210160533p:plain

そういえば最近コンバージョンの数値が下がってるんですよ・・・

f:id:reproio:20170210160750p:plain

そうですかー。そういう時は山田くん!

f:id:reproio:20170210160643p:plain

はい!お任せください。 まずは多田さん、コンバージョンまでのフローをしっかりと把握できていますか?

f:id:reproio:20170210160533p:plain

というと?

f:id:reproio:20170210160643p:plain

アプリを起動してからコンバージョンポイントまでどんなフローがあって、そのフローごとに離脱率を比較できているでしょうか?

f:id:reproio:20170210160533p:plain

できてないです・・・どうすればいいんでしょうか?

f:id:reproio:20170210160643p:plain

そんな時はファネル分析です!

ファネル分析とは

f:id:reproio:20170210160533p:plain

ファネル分析とはなんでしょうか?

f:id:reproio:20170210160643p:plain

ファネル分析とは、「商品購入」や「会員登録」などアプリ内でユーザーにしてほしい行動(コンバージョン)に至るまでの各プロセスの離脱率を把握し、どこで多くのユーザーが離脱しているかを分析する手法です。

f:id:reproio:20170306191632j:plain

こちらがReproのファネル分析の画面になります。商品詳細からカートに入れるまでの離脱率が一番高いことや、 商品をカートに入れても最終コンバージョンの「決済」を完了するユーザーは半分以下であることがわかります。

f:id:reproio:20170210160533p:plain

なるほど! 各プロセスの離脱率を見ることで、ユーザーがコンバージョンに至るまでにどこで一番多く離脱しているかがわかり、優先的に改善するべきところが明確になるということですね!

具体的にファネル分析を設定するとどのようなことができるようになるのでしょうか?

f:id:reproio:20170210160643p:plain

ファネル分析を設定することによってできるようになることは以下の3つです。

1.離脱箇所の発見

ファネル分析の結果から一目でユーザーがどこで離脱しているのかわかります。

f:id:reproio:20170306191735p:plain

2.動画による離脱原因の分析

分析結果の離脱部分をクリックすることで離脱ユーザーに絞って動画分析をすることができます。

f:id:reproio:20170306191824p:plain

3.分析結果から直接プッシュ通知(アプリ内メッセージ)を送信

分析結果の離脱部分をクリックすることで離脱ユーザーに絞ってプッシュ通知やアプリ内メッセージを送信することができます。

f:id:reproio:20170306191920p:plain

このようにファネル分析を設定することによってユーザーの離脱箇所が発見できるだけでなく、動画分析の効率化やプッシュ通知を送信する際にユーザーをワンクリックでセグメントすることができるようになります。

f:id:reproio:20170210160533p:plain

今までユーザーが離脱していそうなところはなんとなーく目星がついていましたが、こうやって数値化されると、どこを改善するべきなのかがはっきりしますね。しかも離脱箇所だけじゃなく、離脱原因まで動画で分析することができるなんて、すごい!

f:id:reproio:20170210160750p:plain

ありがとうございます!

ファネル分析を設定する

f:id:reproio:20170210160643p:plain

それではさっそくReproでファネル分析を設定していきましょう! ここではチュートリアル完了を例にご説明したいと思います。

まず管理画面左で「アナリティクス」をクリックし、出てきたバナーの中からファネル分析をクリックします。次に「新規ファネル分析の登録」をクリックすると以下の画面が表示されます。

f:id:reproio:20170306193649p:plain

続いて、ファネル名を「New funnel analysis」から登録するファネル名(ここでは「チュートリアル」)に変更します。 「ステップを追加する」をクリックし、ステップごとにイベントを登録していきます。 デフォルトで「アプリ起動」となっているところをクリックすると、登録したイベントの一覧が表示されます。その中から適したイベントを選択して行きます。それが終わったら、さらにステップを追加をクリックしてイベントを登録していきます。

<例>チュートリアルの場合

アプリの初回起動後、ログインするページが表示され、ログインが完了するとチュートリアルが始まり、チュートリアルの後にトップページに遷移するようなアプリがあるとします。

f:id:reproio:20170306193837p:plain

このような初回フローのアプリの場合、

ステップ1に「アプリ起動」を登録

ステップ2に「【画面】ログイン」を登録

ステップ3に「【画面】チュートリアル」を登録

ステップ4に「【画面】トップページ(チュートリアルが終わった後に表示される画面)」

を登録します。

f:id:reproio:20170306193931p:plain

全てのステップを登録し終わったら左下の「保存」をクリックしてファネル分析を保存します。

f:id:reproio:20170210160533p:plain

チュートリアル完了のファネル作れました!

ファネル分析画面について

f:id:reproio:20170210160643p:plain

続いてファネル分析の画面についてご説明していきます。

f:id:reproio:20170306194339p:plain

こちらがファネル分析の一覧画面になります。

f:id:reproio:20170306194435p:plain

各ファネル分析の作成日時、ファネル分析名、登録イベント数、コンバージョン率が表示されています。 一番右のボタンをクリックすると以下のようなポップアップが表示されます。

f:id:reproio:20170306194516p:plain

「ダッシュボードに追加」をクリックすると、分析結果のグラフがダッシュボードに追加されます。作成したファネル分析を削除したい場合には「削除」をクリックしてください。

続いてファネル分析の詳細画面を見ていきましょう。 ファネル分析の一覧から1つ選びクリックすると下の画面が表示されます。

f:id:reproio:20170306194609p:plain

まずは画面上部のファネル分析のグラフから見ていきましょう。

f:id:reproio:20170306194834p:plain

こちらがファネル分析のグラフになります。このグラフの場合、11月にアプリ起動をしたユーザー2,985人のうち、1,416人が商品一覧を閲覧し、そのうち1,079人が商品詳細にたどり着き・・・ 最終的に決済にたどり着いたのは557人である、と読み取ります。 このようにコンバージョンまでのユーザーの離脱を定量的に分析することで、どこでユーザーが離脱しているのかを発見できます。 さらに右上の「#」ボタンと「%」ボタンを切り替えることで、「ユーザー数」で分析するか「ユーザーの割合」で分析するかを変更できます。

次に画面中央の区間ごとの推移を見ていきましょう。

f:id:reproio:20170306194907p:plain

こちらのグラフでは日次、週次、月次で集計されたファネル分析のデータの推移が表示されます。

f:id:reproio:20170210160533p:plain

どんな時に見ればいいのでしょうか?

f:id:reproio:20170210160643p:plain

例えばファネル分析から離脱率の高いところを抽出し、施策を実施したとします。 もしこのグラフ上で施策を実施した期間の数値が上昇していたら施策の効果が見られたということになります。

対象ユーザーの絞り込み方法や対象期間の変更方法については説明済みですので省略します。


ファネル分析の基礎的な説明は以上となります。

ここまでで何かご不明な点、気になる点がありましたらいつでもsupport@repro.ioにご連絡ください!

Reproマニュアル〜KPI分析編〜

Repro マニュアル

f:id:reproio:20170210160643p:plain こんにちは!カスタマーサポートチームの山田卓です!

f:id:reproio:20170210160750p:plain こんにちは!同じくカスタマーサポートチームの七島です!

f:id:reproio:20170210160533p:plain こんにちは!新米アプリマーケターの多田萌です!

KPI分析とは

f:id:reproio:20170210160533p:plain

KPI分析とはどんなものなのでしょう?

f:id:reproio:20170210160643p:plain

KPI分析とはアクティブユーザーのうち、イベントを実行したユーザーの割合で導かれるイベントの達成率です。KPI分析では商品の購入やマッチングといったアプリ内で重要なイベントの達成率からアプリの課題発見と施策の効果検証を行うことができます。 さらにアプリに加えた変更を検証するために、新規ユーザーを対象としたKPI分析を実施することができます。

f:id:reproio:20170210160533p:plain

それは便利ですね! 新しいレイアウトやデザインを試したあとの効果を正確に知るためには、既存のユーザーの数字を除外することが大事だとアプリマーケターの先輩に教えてもらいました!

f:id:reproio:20170210160643p:plain

まさにその通りです!  KPI分析はこれまでご紹介してきたリテンション分析やアクセス分析と違い、分析したい数値を設定しなければ分析することができません。 まずは必要なKPI分析を設定してみましょう!

KPI分析を設定する

f:id:reproio:20170210160643p:plain

それではKPI分析を設定していきましょう。 ここでは「お気に入り」というイベントを例に、イベントの実行率を上昇させる施策を実行した際、「お気に入り」の実行率をモニタリングし、施策の効果検証を行うためのKPI分析を登録してみたいと思います。

設定の手順

管理画面左で「アナリティクス」にマウスを置き、出てきたバナーの中から「KPI分析」をクリックし、「新規KPI分析の登録」をクリックすると以下の画面が表示されます。

f:id:reproio:20170306172606p:plain

KPI名を「New KPI analysis」から「お気に入り実行率」に変更します。 続いてKPIに登録するイベントを追加していきます! 「イベントを追加する」をクリックすると、登録したイベントの一覧が表示されます。その中から適したイベントを選択して、そのイベントを登録します。 ここではお気に入りのKPI分析を登録するので、「タップ_お気に入り」のイベントを選択し、回数を1回に設定してください。

なお、1つのKPI分析には5つまでKPIを登録できますので、実行回数別のKPI分析や、種類別のKPI分析(例えばコンバージョン周りや初回起動周りなど)を登録することが可能になります。

f:id:reproio:20170210160533p:plain

KPI分析の設定完了しました!

f:id:reproio:20170210160750p:plain

お疲れ様です! 多田さんの頭の中にはある程度Reproで行ってみたいキャンペーンなどのイメージが湧いてきていると思いますので、そのイベントをKPIとして登録してみてください。 ちなみに、KPI分析はいつでも新規作成、削除が可能です。さらに新規作成した場合でも過去のデータを遡って見ることができます。

KPI分析画面について

f:id:reproio:20170210160643p:plain

それではReproのKPI分析の画面をご説明しましょう!

f:id:reproio:20170306172827p:plain

こちらがKPIの一覧画面です。 設定したKPI分析が一覧で表示されます。 各KPI分析をクリックすると以下の詳細画面が表示されます。

f:id:reproio:20170306172909p:plain

KPI分析の詳細画面では、設定したKPI分析の数値の推移がグラフで表示されます。

分析対象となるユーザーを絞り込む

分析対象となるユーザの絞り込み方法と分析対象となる期間の変更方法についてはアクセス分析と同じなので省略します。

blog.repro.io


KPI分析の基礎的な説明は以上となります!

何かご不明な点、気になる点がありましたらいつでもsupport@repro.ioにご連絡ください!

Reproマニュアル〜アクセス分析編〜

Repro マニュアル

f:id:reproio:20170210160643p:plain カスタマーサポートチームの山田卓です!

f:id:reproio:20170210160533p:plain 新米アプリマーケターの多田萌です!

アクセス分析とは

f:id:reproio:20170210160643p:plain

アクセス分析はアプリの利用状況を一目で確認し、アプリ内の各機能がどのくらい使われているのかを把握することのできる分析手法です。 アプリの起動回数やアクティブユーザー数、さらにはイベントの実行回数などの数値を分析することができます。

アクセス分析画面について

f:id:reproio:20170228162416p:plain

f:id:reproio:20170210160643p:plain

こちらがアクセス分析の画面になります。 グラフはアプリ起動数や各イベントの実行回数の推移を表しています。

分析対象となるユーザーを絞り込む

f:id:reproio:20170210160643p:plain

まずは分析対象のユーザーを絞り込んでみましょう。 画面左上のデフォルトで全ユーザー▼となっているところをクリックしてみてください。

f:id:reproio:20170228162551p:plain

ご覧のようにアクセス分析で対象となるユーザーの種類は 「全ユーザー」 「新規ユーザー」 「全アクセス」 の3つです。

「全ユーザー」を選択した場合は、全ユーザーのうち各イベントを実行したユーザー数が表示されます。

「新規ユーザー」の場合も同様に、新規ユーザーのうち各イベントを実行したユーザー数が表示されます。

「全アクセス」の場合はユーザー数ではなく、そのイベントが実行された回数を表示します。

f:id:reproio:20170210160533p:plain

つまりAさんとBさんが、それぞれ3回ずつイベントXを実行した場合、「全ユーザー」を選択しているときは管理画面上に表示される数値が3回となり、「全アクセス」を選択している場合は6回になるということですね?

f:id:reproio:20170210160643p:plain

その通りです! さらにリテンション分析と同様に、アクセス分析でもユーザープロフィールを用いて分析対象のユーザーを絞り込むことができます。

f:id:reproio:20170228162657p:plain

分析対象となるイベントを変更する

f:id:reproio:20170210160643p:plain

続いて分析するイベントを変更させてみましょう! 画面右上の「表示するイベントを切り替える」をクリックします。 すると以下のように実装済みのイベントが表示されます。

f:id:reproio:20170228162745p:plain

デフォルトでは実装済みのイベントが上限まで選択されているので、必要のないイベントのチェックを外し、分析したいイベントにチェックを入れて下さい。上部の検索欄からイベントを検索することもできます。 表示するイベントの選択が終わり次第、右上の「適用する」をクリックしてください。

f:id:reproio:20170210160533p:plain

選択したイベントが表示されました!


アクセス分析の基礎的な説明は以上となります!

何かご不明な点、気になる点がありましたらいつでもsupport@repro.ioにご連絡ください!

アプリの改善ノウハウをシェアするイベント「Growth Hack Talks by Repro #3」を開催しました!

f:id:reproio:20170310162608j:plain

3月9日(木)、アプリの改善担当者向けのミートアップ「Growth Hack Talks #3」を開催させていただきました!

Growth Hack Talksはおかげさまで第三回目を迎えることができましたが、今回は100名以上の方にご参加いただき、大盛況のうちに終わりました。今回はその模様を少しお伝えできればと思います!

Growth Hack Talksとは?

f:id:reproio:20170310163231j:plain

「Growth Hack Talks」とは、アプリのディレクター・マーケター・エンジニアなどReproのユーザーに限らずアプリの成長をミッションとする方々を集めて自社アプリの課題やそれに対する取り組み、改善のノウハウなどをシェアしてもらうイベントです。

第三回目のテーマ

第三回目のテーマは「成功企業から学ぶアプリマーケティング ~モバイルアプリに注力する狙いと戦略~」でした。

第一部では、アプリならではのマーケティング施策を行いサービスの成長につなげている企業の担当者をお招きし、アプリに注力されている背景や具体的な施策内容についてお話をしていただきました。 第二部では、リエンゲージメントを高めるためのソリューションを提供しているセプテーニとReproからユーザー獲得からリエンゲージメントに注目がシフトしている市場の背景や、伸びているアプリが行っている施策の例について、広告、アプリ内マーケティングなど、様々な視点からご紹介させていただきました。

今回の発表内容の詳細については来週以降に自社メディア 「グロースハックジャーナル」で詳しくご紹介していますので、ここでは登壇者と発表内容のハイライトのみのご紹介とさせていただきます :)

第一部

クルーズ株式会社 田丸 寛仁 さま

トップバッターは、昨年12月に累計400万DLを突破したファッションECアプリ「 SHOPLIST」のwebプロモーション管理や新規事業のプロモーションを担当していらっしゃる田丸さんに「SHOPLISTが実践するアプリ活用のポイント」と題して、SHOPLISTならではのWebプロモーションにまつわる話をしていただきました!

f:id:reproio:20170310184120j:plain

オイシックス株式会社 普川 泰如 さま

2番目は、野菜の定期宅配というユニークサービスを提供するECアプリ「oisix」のグロースハックを担当していらっしゃる普川さんに「オイシックスのアプリ戦略とグロースハック取り組み事例」と題して、oisixで行なっているアプリマーケティングとグロースハック事例についてお話ししていただきました!

f:id:reproio:20170310183422j:plain

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 中村 与希 さま

第一部の最終登壇では、中古車検索アプリ「カーセンサー」を始め「ゼクシィ、スタディサプリ進路」の3領域のWebマーケティングを統括していらっしゃる中村さんに「カーセンサーのアプリマーケティングへの取り組み」と題し、なぜWebではなくアプリの方にプロモーション予算を多く使っているのかというところを中心にアプリに注力すべき理由を語っていただきました!

f:id:reproio:20170310183336j:plain

第二部

株式会社セプテーニ 野村 知己 さま

第二部の前半は、当イベント共催であり、リエンゲージメントを高めるためのソリューションを提供している株式会社セプテーニの野村さんに「リエンゲージメント広告活用のポイント」と題して、アプリをグロースさせるリエンゲージメント広告の活用法についてお話ししていただきました!

f:id:reproio:20170310182609j:plain

Repro株式会社 平田 祐介

第二部の後半は、弊社の平田から「アプリ内マーケティングの重要性と成功事例」と題し、アプリ内マーケティングの重要性や実践方法についてお話しさせていただきました。

f:id:reproio:20170310182753j:plain

第三部

第三部はクルーズ、オイシックスリクルートマーケティングパートナーズの3社に加え、主催者であるセプテーニとReproも含めた5社でアプリに関する取り組みについてディスカッションいたしました!

f:id:reproio:20170310182839j:plain

懇親会

懇親会では事例発表の感想や自社アプリの改善のご相談までたくさんの参加者とお話しさせていただきました。懇親会の様子を写真でお届けいたします。

f:id:reproio:20170310183216j:plain

f:id:reproio:20170310183026j:plain

f:id:reproio:20170310183048j:plain

f:id:reproio:20170310183117j:plain

f:id:reproio:20170310183146j:plain

「Growth Hack Talks」は今後も定期的に開催いたします。「このイベントに来れば自社アプリの改善に関するヒントがぜったいに見つかる」というようなコミュニティにしたいと思っておりますので、今後ともぜひよろしくお願いします!

Facebookコミュニティでアプリのグロースに興味がある方同士が交流できる場を作っていますので、ぜひそちらもご参加ください :D

Growth Hack Talks

次回以降の登壇者も大募集中ですので、登壇したいというかたはぜひ media@repro.io までご連絡ください :)

ご参加いただいた皆様、そして会場を提供してくださったガイアックス様、本当にありがとうございました!

次回以降の登壇社募集!

次回以降のイベントでLT(ライトニングトーク)してくださる登壇者を募集しています!テーマはアプリのグロースハックに関することやその周辺領域のお話であれば何でもokですが、宣伝主体となるLTはお控えください。 ※内容に関しては事前に審査させていただきますのでご了承下さい。

LTご希望の方は、下記ご確認のうえ件名に「LT登壇希望」と記載し 運営元のメールアドレス「media@repro.io」 にメールいただければと思います。

メールに記載いただきたい内容

  • 会社名
  • ご登壇者名
  • アプリ名:担当/開発しているアプリがあればご記載ください。
  • LT内容のサマリー:どういったお話をしたいと考えているか簡単にご記載ください

【お知らせ】Reproのオウンドメディア「グロースハックジャーナル」がリニューアルしました!

皆さんこんにちは、インターンの多田萌です。

このたび、Reproが運営するアプリの成長に関するヒントが詰まったメディア「グロースハックジャーナル」をリニューアルいたしました!

グロースハックジャーナルとは?

グロースハックジャーナルは、アプリの企画や運営に悩んでいる人向けにアプリビジネスに役立つノウハウや、国内外の有名サービスのグロース事例などをご紹介するReproのオウンドメディアです。 2016年2月の開始から1年、これまで200本近くの記事を公開し、今では多くのアプリ事業者の方々に見ていただけるメディアになりました。

※弊メディアの人気記事に関してはこちらにまとまっていますのでご覧ください→2016年にもっとも読まれた記事 ベスト10

このたび、よりアプリ改善の初心者の方や初めて訪れた方でも読みたい記事がすぐに見つかり課題解決につなげられるようにサイト構造とデザインを一新し、アプリの企画段階からリリース後のマーケティングのTIPSまで網羅的かつ体系的にまとまったメディアとして生まれ変わることに致しました!

サイトリニューアルの特徴

1. トップページがより見やすく!

f:id:reproio:20170301163238p:plain

人気記事やおすすめ記事をファーストビューに表示し、はじめてサイトを訪れた方でもどんな記事が読者に支持されているか、いま知るべきトピックは何か、などがわかりやすくなりました。

2. アプリに関する体系的な知識が丸わかり!

「アプリマーケティングカリキュラム」を新設し、アプリマーケティングに関係する記事をフェーズ別、キーワード別に整理し、より網羅的・体系的に学ぶことができるようになりました!

フェーズ別

f:id:reproio:20170301163224p:plain 「アプリの設計」「アプリのマネタイズ」などアプリの企画段階からリリース後のマネタイズまでのフェーズ別に記事をまとめています。

キーワード別

f:id:reproio:20170301163218p:plain 「プッシュ通知」「ディープリンク」など特定のキーワードに関する記事をまとめています。 このカリキュラムによって、アプリをこれから始める方も現在アプリに関して課題を抱えている方も自身のニーズに合った記事が見つかりやすくなり、課題解決につながります。

3. 用語の検索がよりカンタンに!

f:id:reproio:20170301163205p:plain

用語集を五十音順、アルファベット順に整理し、アプリマーケティングに関する用語がより探しやすくなりました。「ARPU」「CPI」「KPIとKGIの違い」などアプリマーケティングにおいては必須の用語をどこよりもわかりやすく解説しています。

リニューアル記念キャンペーン!

グロースハックジャーナルでは今回のサイトリニューアルを記念して、3月末まで「アプリの無料相談キャンペーン」を実施します!これまで世界46カ国、3,000以上のアプリの成長を手がけてきており、日々最新のグロースハック事例についても研究しているReproが直接アプリ改善に関するコンサルティングを致します。 アプリはこれからという方、分析やマーケティングに困っている方などのご相談お待ちしております!ご興味のある方は下記より「会社名」「お名前」「アプリ名」記載の上でお問い合わせください。 担当者名:伊藤 直樹 Email: media@repro.io

イベントやります!

来週3/9(木)に、有名アプリの改善担当者をスピーカーに迎え、アプリを活用したCRM戦略や アプリならではのプロモーション手法などについてお話しいただくイベントを開催します!


【イベント名】Growth Hack Talks #3 ~成功企業から学ぶアプリマーケティングの最新トレンド~

【日時】3月9日(木) 19:00~22:00

【会場】永田町GRID 東京都千代田区平河町2-5-3 B1F

【イベントurl】 https://repro.connpass.com/event/49598/


お席に限りがありますのでお早めにお申し込み下さい!

おわりに

Reproは今後もアプリの成長を支援する企業として、ツールの提供にとどまらずアプリ業界を盛り上げ、知見を積極的に広める取り組みを進めてまいります。 引き続きグロースハックジャーナル、そしてReproをよろしくお願いいたします!

Reproマニュアル〜リテンション分析編②〜

Repro マニュアル

前回は、そもそもリテンション分析とは何かというところを中心にお話ししました。

そこで今回は、アプリ内のユーザー行動やユーザー属性でユーザーを絞り込んで実際にリテンション分析をする方法をご説明します。


f:id:reproio:20170210160643p:plain こんにちは、カスタマーサポートチームの山田卓です!

f:id:reproio:20170210160750p:plain こんにちは、同じくカスタマーサポートチームの七島です!

f:id:reproio:20170210160533p:plain こんにちは、新米アプリマーケターの多田萌です!


分析対象となるユーザーを絞り込む(リテンション分析)

f:id:reproio:20170210160643p:plain

まず継続率の分析対象のユーザーを変更してみましょう。

対象ユーザー数をイベントの実行回数やユーザープロフィールなどによって絞り込み、いろいろな条件のユーザーの継続率を分析するわけです。

f:id:reproio:20170213185537p:plain

f:id:reproio:20170210160533p:plain

継続率の高いユーザーの行動を把握するためには必須の分析手法ですね!

f:id:reproio:20170210160643p:plain

その通りです。 多田さんのアプリにおける全ユーザーの一週間後のリテンション率を、イベントの実行履歴によって比較して見ましょう! こちらは「アプリ起動」を1回以上実行したユーザーのリテンション率です。 つまり全ユーザーのリテンション率ですね。

f:id:reproio:20170213190130p:plain

f:id:reproio:20170210160533p:plain

一週間後のリテンション率はだいたい80%くらいです。

f:id:reproio:20170210160643p:plain

そうですね、では対象ユーザーを絞り込んでいきましょう。 画面左上のデフォルトで「アプリ起動」となっているところをクリックすると下のキャプチャのように、実装しているイベントの一覧が表示されます。

f:id:reproio:20170213190332p:plain

まずは「event-1」というイベントを実行したユーザーの一週間後のリテンション率を見てみましょう。イベントの一覧から「event-1」をクリックすると・・・

f:id:reproio:20170213190412p:plain

f:id:reproio:20170210160533p:plain

「event-1」を実行したユーザーの一週間後のリテンション率が表示されました!

f:id:reproio:20170210160643p:plain

はい!では2つの数値を比較して見ましょう。

「アプリ起動」を1回以上実行したユーザー

f:id:reproio:20170213191437p:plain

「event-1」を1回以上実行したユーザー

f:id:reproio:20170213191455p:plain

f:id:reproio:20170210160533p:plain

5%以上高くなってます!

f:id:reproio:20170210160643p:plain

そうですね、イベントの実行履歴による継続率の比較により、「event-1」を1週間に1回以上実行しているユーザーは、一般的なユーザーと比べて継続率が5%以上高いということがわかりました。 他のイベントについても同様に分析していき、リテンション率が高いイベントを見つけだしましょう!

f:id:reproio:20170210160750p:plain

ここで気をつけていただきたいことがあります。 リテンション分析では相関関係はわかっても因果関係まではわからないということです。

例えば先ほどのようにしてリテンション率の高いイベントを見つけだしても、そのイベントを実行したからユーザーのリテンション率が上がったのか、それともリテンション率の高いユーザーがそのイベントを実行しているだけなのかということがリテンション率だけでは判断できないということです。

f:id:reproio:20170210160533p:plain

因果関係の逆転が起きうるということですね。

f:id:reproio:20170210160750p:plain

そうなんです。リテンション分析を利用して分析する際、この点に関してはご注意ください!

イベントの実行回数別に絞り込む

f:id:reproio:20170210160643p:plain

続いてイベントの実行回数を絞り込みの条件に加えてみましょう。

f:id:reproio:20170213192228p:plain

回数のボタンを3回に変更してみます

f:id:reproio:20170213192252p:plain

f:id:reproio:20170210160643p:plain

このように「event-1」を3回以上実行したユーザーの1週間後のリテンション率が表示されます。

f:id:reproio:20170210160533p:plain

2回以上ということは、3回や6回実行しているユーザーも含まれるということですね?

f:id:reproio:20170210160643p:plain

そうです!

全ユーザー・新規ユーザーを変更する

次に「全ユーザー」か「新規ユーザー」による絞り込み方法についてご説明します。

f:id:reproio:20170213192559p:plain

f:id:reproio:20170210160643p:plain

デフォルトで全ユーザーとなっているボタンをクリックすると、新規ユーザーを選択することができます。 新規ユーザーが定着しないという多田さんのアプリの課題を解決するには、この新規ユーザーの継続率を分析するのが非常に大事です。

f:id:reproio:20170210160533p:plain

この機能を使えば継続率の高い新規ユーザーが実行しているイベントを発見できますね!

f:id:reproio:20170210160643p:plain

そのとおりです!

ユーザープロフィールによって絞り込む

f:id:reproio:20170210160643p:plain

さらにReproではユーザープロフィールによる分析の絞り込みが可能です。 画面右上の「フィルターを追加」をクリックすると以下の画面が表示されます。

f:id:reproio:20170213192815p:plain

例えば男性ユーザーのみの継続率を分析したいときは以下のようにGenderからmaleを選択します。(ユーザープロフィールに性別が設定されているときのみ可能です)

f:id:reproio:20170213192939p:plain

f:id:reproio:20170210160533p:plain

すごい!

分析対象となる期間を変更する(リテンション分析)

f:id:reproio:20170210160750p:plain

続いて分析対象となる期間を変更してみましょう。 リテンション分析の画面ではデフォルトが日次の数値になっています。これを週次や月次の数値に変えるには右上の「日」「週」「月」のボタンをクリックしてください。

f:id:reproio:20170213193207p:plain

さらに左側にあるボタンをクリックすると以下の画面が表示されます。

f:id:reproio:20170213193255p:plain

チェックボックスにチェックを入れた状態(デフォルト)だと自動的に集計可能な最近の日付までのデータが表示されます。このチェックを外すと、以下のように集計する日付の最終日を選択できます。

f:id:reproio:20170213193351p:plain

(例) 例えば11月の継続率と12月の継続率を比較したい場合、下のように分析条件を変更することで比較が可能になります。

<11月の継続率>

f:id:reproio:20170213193521p:plain

<12月の継続率>

f:id:reproio:20170213193556p:plain

データをクリックすることでマーケティングのオプションメニューが表示されます。それぞれ上のボタンで、選択した条件でアプリに再訪したユーザーに対して施策を打つことが可能です。また、下のボタンでは選択した条件でアプリに再訪しなかったユーザーに対して施策を打つことも可能です。

マジックナンバー分析

マジックナンバー分析とは、アプリの成長に寄与する重要なイベントを特定するための分析手法です。 アプリの継続利用を促すトリガーとなる条件(=マジックナンバー)を知ることで、その条件をKPIとして改善し、1ユーザーあたりの収益を上げることができます。

Reproを使った、リテンションレートの高いイベントを発見する基本的な方法はこちら


リテンション分析の基礎的な使い方の説明は以上となります!

何かご不明な点、気になる点がありましたらいつでもsupport@repro.ioにご連絡ください!

Reproマニュアル〜リテンション分析編①〜

Repro マニュアル

f:id:reproio:20170210160643p:plain こんにちは、カスタマーサポートチームの山田卓です!

f:id:reproio:20170210160533p:plain こんにちは、新米アプリマーケターの多田萌です!

リテンション分析とは

f:id:reproio:20170210160533p:plain

そもそもリテンション分析とはどのようなものでしょうか??

f:id:reproio:20170210160643p:plain

リテンション分析とはアプリの継続率を分析する手法です。 例えば3日後の継続率というと、ある特定の日にアプリを起動したユーザーのうち、その3日後に再びアプリを起動したユーザーの割合のことを指します。簡単に言えばどれくらいのユーザーがアプリを継続して使い続けているのかを確認することができる分析手法です。

f:id:reproio:20170210160533p:plain

なるほど! 継続率が高いユーザーはどんな行動をしているのか、施策によって継続率はあがっているのかなどなど、分析すべき点がたくさんありそうですね。

f:id:reproio:20170210160643p:plain

そうですね。 では実際にReproの管理画面を見ながらリテンション分析の細かい機能や分析手法などについて学んでいきましょう。

リテンション分析画面について

f:id:reproio:20170210160643p:plain

こちらがReproのリテンション分析の画面です!

f:id:reproio:20170210161116p:plain

f:id:reproio:20170210160533p:plain

おお!この画面は・・・どう見ればいいんでしょうか?

f:id:reproio:20170210160643p:plain

下の図をご覧ください。グラフの一番左の列が日付になっており、すぐ右の列がリテンション分析の対象となるユーザー数になっています。

f:id:reproio:20170210161222p:plain

f:id:reproio:20170210160533p:plain

リテンション分析の対象になるユーザーとは継続率の分母となる数字ですね?

f:id:reproio:20170210160643p:plain

そうです! 横軸が各日付からの経過日数(週数、月数)を表しており、例えば下の図で赤く囲まれている12月13日の7日後の継続率は、12月13日にアプリを訪れた全ユーザー(919人)のうち7日後の12月20日にアプリを起動したユーザーの割合ということになります。

f:id:reproio:20170210161328p:plain

次の記事では、実践的なユーザーの絞り込み方をご紹介します!

ここまでで何かご不明な点、気になる点がありましたらいつでもsupport@repro.ioにご連絡ください!

📢Repro オフィス移転のお知らせ📢

Reproの日常

こんばんは!

もうご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、本日はReproからビッグニュースがあります📢

\この度弊社のオフィスが移転しました//

<移転前>

東京都新宿区西新宿6-15-1 ラ・トゥール新宿 603号室

<移転後>

東京都新宿区西新宿6-15-1 ラ・トゥール新宿 504号室

見ての通り、移転といっても1つ下の階に移っただけです😅

しかしこの引越しでオフィスがとても広くなったのです!

移転前のこの頃に比べ、

f:id:reproio:20170207191330j:plain

f:id:reproio:20170207191350j:plain

なんと1.5倍以上も大きくなりました!

移転の際には、お祝いの品をたくさんいただきました!ありがとうございます!

f:id:reproio:20170207191508j:plain

f:id:reproio:20170207191600j:plain

f:id:reproio:20170207191647j:plain

以前のオフィスには緑がなかったので、大変明るくなりました🌿

f:id:reproio:20170207191744j:plain

プリンも美味しくいただきました!

また、オフィスが広くなっても皆でRepro飯を食べる文化は健在です!

f:id:reproio:20170207191828j:plain

Reproの新オフィスにぜひ一度遊びに来てください!

メンバーが増えて、オフィスも大きくなったReproですが、 これからも世界No1.のサービスを目指し飛躍していきます!

<アプリの現状を一目で確認できる> Reproの新ダッシュボード機能

Releases Repro マニュアル

本日は、アップデートされたばかりのダッシュボード機能の使い方についてご紹介します!

Reproのダッシュボードにはアプリの主要な指標(アクセス数やアクティブユーザー数、継続率)が表示されています。それに加え、お好みでファネル分析やキャンペーンの効果測定のグラフ等を追加することもできます。

この機能により、どのアプリにも共通する主要な指標はもちろん、そのアプリ特有の重要な指標や施策の効果などを一目で確認することができます。

Reproのダッシュボード

f:id:reproio:20170207181439p:plain

各画面(デフォルト)の説明

ユーザーと表示期間の選択

グラフに表示するユーザーを全ユーザー、新規ユーザーのどちらか、または両方かを選択できます。

また、グラフの表示期間を日次・週次・月次から選択できます。*1

f:id:reproio:20170207181635p:plain

アクティブユーザー数

アプリのアクティブユーザー数がどう推移しているのかが一目でわかります。

f:id:reproio:20170207182205p:plain

リテンション率

アプリの翌日(翌週、翌月)の継続率を表示しています。このグラフを見ることで、継続率の向上を目的とした施策の効果が出ているかどうか分かるようになっています。

f:id:reproio:20170207184259p:plain

セッション数

アプリの当日(当週、当月)のセッションの総数が表示されています。Reproでは、「アプリを起動してからホームボタンなどを押してアプリがバックグラウンドに移行する、もしくは完全にアプリを終了させる」までを1セッションとしてカウントしています。例えばあるユーザーが一日に3回アプリの起動と終了を繰り返した場合、セッション数は3回としてカウントされます。

f:id:reproio:20170207184434p:plain

平均セッション長

Reproにおける平均セッション長とは、ユーザーがアプリを起動してからホームボタンなどを押してバックグラウンドに移行する、もしくは完全にアプリを終了させるまでの平均時間を表しています。つまり1セッションあたりのユーザーの平均滞在時間です。

f:id:reproio:20170207184555p:plain

ユーザーあたりのセッション数

こちらでは1ユーザーあたりのセッション数を見ることができます。

f:id:reproio:20170207184656p:plain

ダッシュボードのカスタマイズ

ダッシュボードのカスタマイズは、そのアプリにとって重要な指標や実施中の施策の効果を追いたいときに便利です。

例えばECアプリの場合、アプリ起動から商品購入までのフローをファネルとして設定し、どれくらいのユーザーが商品購入(コンバージョン)しているかチェックしているかと思います。そういった常日頃から見るものをダッシュボードに置くことで、画面遷移の手間が省け、自社アプリの重要なKPIを一目で把握できます。

各種分析やキャンペーンの設定方法、使い方については別の記事でご説明するため、ここでは既に設定済みのファネルを例にダッシュボードにグラフを追加する方法をご説明します。

  1. ファネル分析の一覧画面上での⚙のマークをクリックする
  2. 表示されたダイアログから「ダッシュボードに追加」を選択

手順はたったのこれだけとなり、ダッシュボード上にファネル分析のグラフが表示されます。

f:id:reproio:20170207185228g:plain

以上で新しくなったReproのダッシュボード機能の説明を終わります。

ダッシュボードについて何かご不明な点があればお気軽にsupport@repro.ioへお問い合わせください!

*1:新規ユーザーの場合、その日/週/月に登録した新規ユーザーという意味です。

小売・EC企業のアプリ活用に関するセミナーを開催しました!

f:id:reproio:20161214105724p:plain

12月13日(水)、小売業界のアプリ事情や海外のアプリ活用事例などを紹介するセミナー「小売アプリ最前線 ~顧客エンゲージメントを引き出すアプリの特徴とは?~」を開催いたしました!

現在アプリは顧客に最も近く、ニーズ喚起、売上獲得、顧客の維持を行うことができるチャネルであり、モバイルの時代と呼ばれる今、アプリを活用しないのは大きな機会損失になります。

本セミナーでは小売・EC企業がデジタル戦略を考えるうえで外せないアプリについて、成功しているアプリに共通している特徴や、オムニチャネル時代におけるアプリの活かし方をご紹介しました。

f:id:reproio:20161214122235j:plain

第一部


登壇者

App Annie Japan 向井 俊介 さま 

「世界の小売アプリ利用動向と顧客エンゲージメント向上のポイント」

第一部では、App Annie, Head of Japan 向井さんに、DL数はそれほど多くなくてもユーザーに長い時間使ってもらうことで収益を上げたアプリの例、アプリのDLを訴求するクーポンを配布しアクティブユーザー数が20倍まで急増させた飲食アプリの例など、成功している小売・外食企業の事例から、今後モバイルがもっと普及していく中で、どのようにデータを利用して自社を発展させるかというところまでお話ししていただきました!

f:id:reproio:20161214113906j:plain

第二部


登壇者

Repro 株式会社 平田 祐介 

「米国のマーケティングトレンドから読み解く、小売ビジネスを成功に導くアプリ活用方法」

第二部では、弊社CEO 平田から、アプリが果たせる役割、アプリを導入する上でIT部門やマーケティング部門だけで閉じるのではなく会社全体を巻き込んでいくことの重要性、StarbucksWalmartなどの海外のアプリ成功事例をお話しさせていただきました。また、ただアプリを導入すればいいわけではなく、どういった場合失敗してしまうかという話もご紹介させていただきました。

f:id:reproio:20161214115843j:plain

懇親会では、小売アプリにおいて抱えている課題やアプリ導入の検討などご相談いただきました。

Reproでは今後こういった非IT事業者向けのセミナーも積極的に行っていきます。セミナーや当ブログを通じて随時情報発信して参りますので引き続きよろしくお願い致します!