Repro

Repro

プッシュ通知の性能を改善!

プッシュ通知の性能を改善!


Reproユーザーの皆様

いつもReproをご利用頂きありがとうございます。

f:id:reproio:20161111162742p:plain

**同時配信数100万通/分までパフォーマンスを改善しました!

プッシュ通知の配信基盤を大幅に改善し、同時配信数100万通/分に対応いたしました。今までよりも、高速、かつ、安定したプッシュ基盤をどうぞご利用ください。


配信対象数について

プッシュ通知の配信において、宛先として無効になっているデバイスを対象から除外するように変更しました。結果、配信数がこれまでよりも少なく表示される場合がありますが、新しい配信数の方がより現実に即したアクティブなユーザーへの配信数となっております。


アナリティクス連動機能の変更について

管理画面の描画パフォーマンスの向上のため、リテンション分析、および、KPI分析から、対象となるユーザーの動画一覧への遷移ボタンを削除いたします。アクセス分析、ファネル分析では、これまでと同様にご利用いただけます。

大盛況! Repro User Meetup Vol.1 を開催しました(活用事例もご紹介!!)

6月2日(木)、Repro初のMeetupが開催されました!

f:id:reproio:20160604192901p:plain

当初は20名程度の少人数で行う予定だったのですが、たくさんの方から「私も参加したい」というお声をいただき最終的には100名弱が参加するイベントになりました。

f:id:reproio:20160605101932j:plain

当日は乾杯後10社にReproを使ったアプリの改善事例についてプレゼンテーションしてもらい、そのあと懇談会という流れでした。

今回は各社のReproを使ったグロースハックを簡単にご紹介したいと思います!

Read more

【お知らせ】己のプライドをかけた負けられない戦いが今ここに。 Repro飯コンテストがついに開幕!!

f:id:reproio:20160530160904p:plain

本日から弊社インターン生による料理コンテスト「Repro飯コンテスト」が始まります!

「Repro飯」とは?

そもそもRepro飯とはなんぞやと思ったそこのあなたへ。

Reproには、『Repro飯』というスタートアップ界隈ではちょっと有名?なカルチャーがあります。

私たちReproは、アプリマーケティングツールにおいて 本気で世界一を目指し、日々夢中で仕事に取り組んでいます。

Read more

アプリ内メッセージにバナータイプ追加!

アプリ内メッセージにバナータイプ追加!


アプリ内メッセージ:バナータイプ

購入間近のユーザーに対するクーポン配信やアプリのレビュー依頼など様々なグロースハックにご利用いただいているアプリ内メッセージですが、新しくバナータイプを追加しました。プッシュ通知と同じようなメッセージをアプリ内に表示させることができます。 iOS-SDK 1.7.15 以降、Android-SDK 1.1.26 以降でご利用いただけます。

f:id:reproio:20161111162149p:plain

バナータイプの詳細はこちら


アプリ内メッセージ:イベントトラッキングの仕様変更

アプリ内メッセージのボタンにおいてイベントをトラッキングする際に必須だったURLの指定を任意としました。URLが指定されていない場合でも、トラッキングできるようになります。 iOS-SDK 1.7.15 以降、Android-SDK 1.1.26 以降でご利用いただけます。


クラッシュレポート機能を閉鎖します

5月末以降を目処に、クラッシュレポート機能の提供を終了いたします。ご利用中のお客様にはご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。より有用な機能をお客様に提供できるよう集中してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

なお、クラッシュレポートのAPI呼び出し箇所への対応は、Rerpo SDKAPI宣言が削除されてからで問題ありません。

プッシュ通知を定期的に配信できるようにしました。

プッシュ通知の定期配信


プッシュ通知を定期的に配信できるようにしました。毎日、毎週の配信が可能です。リテンション率の改善策として、ぜひご活用ください。

f:id:reproio:20161111160923p:plain

定期配信の詳細はこちら

プッシュAPI


プッシュ通知のAPIを公開しました。自社サービスのサーバーやアプリからプッシュ通知を配信することができます。

f:id:reproio:20161111161255p:plain

プッシュAPIの詳細はこちら

作成画面のUI改善


プッシュ通知、アプリ内メッセージの作成画面のUIを刷新し、よりわかりやすく再構成しました。

  • キャンペーン名を設定できるようにしました。一覧上での管理がしやすくなりました。

  • メッセージの作成→配信スケジュールの設定→配信対象の指定、という順番に統一しました。

  • 作成に失敗した時に適切なエラーメッセージが表示されるようにしました。

キャンペーン機能全般の詳細はこちら

<新機能>アプリ内メッセージの表示タイミングが選べるようになりました!

<新機能>アプリ内メッセージの表示タイミングが選べるようになりました!


これまではアプリ内メッセージを表示させるタイミングはアプリ起動時のみでしたが、ユーザーが特定のイベントを実行したときにもアプリ内メッセージを表示させることができるようになりました!

[アプリ内メッセージとは]

コードの変更やアプリのアップデートをすることなく、アプリ内にテキストや画像つきのメッセージを表示することができる機能です。「購入画面に遷移したユーザー」など特定のイベントを実行したユーザーだけを対象にメッセージを表示したり、年齢や性別などで対象を絞り込んでメッセージを表示することができます。

[アプリ内メッセージの便利な使い方]

例1. 適切なタイミングでアプリのレビューをお願いする

ゲームアプリでステージをクリアしたときやフィットネスアプリでトレーニングを終了したときなど、ユーザーのアプリへのエンゲージメントが高いときにアプリのレビュー依頼をすることで、良い評価を得られる可能性を高めることができます。

例2. 適切なタイミングでクーポンを表示する

ECアプリで商品をカートに入れたタイミングで「いまなら2点お買い上げでX%オフ!」というクーポンを表示することで、購入単価を上げることができます!

例3. 商品購入後にプッシュ通知の許可を促す

ECアプリで商品を購入したあとに「お得な情報をお届けします!」というダイアログを出すことで、ユーザーにプッシュ通知を許可してもらえる可能性を高めることができます。

これまでアプリ内メッセージの作成には画像が必須でしたが、ダイアログタイプのメッセージであれば本文とボタンだけでメッセージを作ることができます!

f:id:reproio:20161111155747p:plain

[使い方]

Repro管理画面の「キャンペーン」から「アプリ内メッセージ」を選び、メッセージ作成画面に遷移すると新規メッセージを作成することができます。 メッセージを表示するトリガーとなるイベントを指定します。

f:id:reproio:20161111160436p:plain

【利用条件】

メッセージ表示トリガー機能を利用するには、iOS-SDKを 1.7.0 以上、Android SDKを 1.0.1 以上にアップグレードする必要があります。

詳しい説明は以下のドキュメントをご覧ください。

  • アプリ内メッセージ作成(ダイアログ)

http://docs.repro.io/ja/dashboard/campaign/in-app-message.html#id4

アプリ内メッセージがますます便利になりました!

アプリ内メッセージがますます便利になりました!


アプリ内メッセージを新規作成する際、2種類の表示タイプを選択できるようになりました!

[アプリ内メッセージとは]

コードの変更やアプリのアップデートをすることなく、アプリ内にテキストや画像つきのメッセージを表示することができる機能です。「購入画面に遷移したユーザー」など特定のイベントを実行したユーザーだけを対象にメッセージを表示したり、年齢や性別などで対象を絞り込んでメッセージを表示することができます。

[メッセージの表示タイプについて]

オーバーレイ

アプリの全画面を覆い被さるようなアプリ内メッセージを作成します。メッセージのコンテンツとして、画像、テキスト、ボタンを表示することができます。ボタンは1つ、もしくは2つ表示でき、指定のページを開くURLを設定することもできます。

f:id:reproio:20161111154312p:plain

ダイアログ

ダイアログタイプのアプリ内メッセージでは、メッセージのコンテンツとして画像、テキスト、ボタンを表示することができます。ボタンは1つ、もしくは2つ表示でき、指定のページを開くURLを設定することもできます。

これまでアプリ内メッセージの作成には画像が必須でしたが、ダイアログタイプのメッセージであれば見出し、本文、ボタンだけでメッセージを作ることができます。

f:id:reproio:20161111154412p:plain

[使い方]

Repro管理画面の「キャンペーン」から「アプリ内メッセージ」を選び、メッセージ作成画面に遷移するとオーバーレイとダイアログから新規メッセージを作成することができます。

オーバーレイ

f:id:reproio:20161111154632p:plain

ダイアログ

f:id:reproio:20161111154725p:plain

【利用条件】 ボタンを2つ表示する機能とダイアログメッセージを表示する機能を利用するには、iOS-SDKを 1.5.1 以上、Android SDKを 0.14.5 以上にアップグレードする必要があります。

アプリ内メッセージをまだご利用になったことがない方はこちらのドキュメントからぜひ設定してみてください!バナータイプのメッセージも近日中に実装予定ですのでお楽しみに :)

詳しい説明は以下のドキュメントをご覧ください。

  • アプリ内メッセージ作成(オーバーレイ)

http://docs.repro.io/ja/dashboard/campaign/in-app-message.html#id3

  • アプリ内メッセージ作成(ダイアログ)

http://docs.repro.io/ja/dashboard/campaign/in-app-message.html#id4

【お知らせ】「グロースハックジャーナル」オープンしました!

アプリの成長に関するヒントが詰まったメディア「グロースハックジャーナル」を開始いたしました!

▼グロースハックジャーナル

growthhackjournal.com

メディア開始の背景

バイルアプリ市場は拡大しており、モバイルアプリでビジネスを始める企業が多くなっています。それに伴いモバイルアプリの分析やマーケティング手法に関する情報への需要も高まっていますが、網羅的かつ体系的にまとめられているメディアはまだまだ少ないのが現状です。


このような背景を踏まえ、これまで世界18ヵ国、1300以上のモバイルアプリに導入され、様々なアプリの成長を支援してきたReproがモバイルアプリのグロースハックに役立つ情報を発信するメディアを自ら作ることにいたしました。

ターゲット

アプリのグロースハックをミッションとしているマーケター、ディレクター、プロダクトオーナーの方に主に見ていただきたいと思っています。


サイトの特徴

1. アプリビジネスに役立つノウハウをアプリの成長ステージ別に整理

アプリの企画、設計といったリリース前の段階からユーザー獲得、ユーザー定着、マネタイズといったリリース後の各ステージ別に情報を整理しています。


これにより、アプリサプライヤーは効率的に自社アプリが直面している課題を解決するために必要な情報を集めることができます。

2. Repro独自のノウハウだけにとどまらない、国内外の有名サービスのグロースハックも紹介

グロースハックジャーナルでは、Repro独自のノウハウだけにとどまらず国内外の有名サービスのグロースハッカーが実践しているグロースハック手法やノウハウも提供していきます。


記事の例

  • 【決定版】アプリ事業のKPIツリー!

growthhackjournal.com

KPIツリーを使ってアプリの売上に貢献する指標を洗い出し、各指標について説明している記事です。アプリのビジネスモデルごとのKPIツリーが書いてあるので、自社アプリのKPIに悩んでいる方はここから読むのがオススメです。


  • どれが正解?アプリの課金モデルの選び方

growthhackjournal.com

マネタイズに成功しているアプリが採用している課金モデルを5つ紹介し、それぞれの課金モデルのメリットとデメリットについて考える記事です。アプリのマネタイズを模索中の方はぜひ読んでみてください。


  • アプリのリテンションレートを下げる16の失敗

growthhackjournal.com

ユーザーが離れてしまう原因になるアプリの設計について事例を交えながら解説。アプリの継続率が低くて悩んでいる方は必読です!


  • リニューアルしたアプリ版Linkedinのオンボーディング体験を大解剖!

growthhackjournal.com

最近アップデートしたLinkedinのiOS版アプリについて、ダウンロード後の初回起動に詰まった工夫をUXの観点から紹介。初回起動時のユーザー体験からLinkedinアプリの狙いを探ります。


  • Pinterestがウォッチしている27の指標を大公開!

growthhackjournal.com

Pinterestのグロースチームがアプリの成長ステージごとにどのような指標を追い、改善に役立てているのかがわかります。Pinterest独自のアクティブユーザーの定義などはとても参考になります!


今後の展開

Reproは今後もアプリの成長を支援する企業として、アプリ事業者が使いやすいツールの開発および役立つナレッジの提供を進めてまいります。

引き続きReproをよろしくお願いいたします!

ファネル分析で「アプリ起動」をイベントとして選択できるようになりました!

ファネル分析で「アプリ起動」をイベントとして選択できるようになりました!


ファネル分析機能がさらに使いやすくなりました!

ファネル分析を新しく作成する際、今までは一つ目のファネルと最後のファネルの最低2つはイベントを登録する必要があり、アプリユーザーがアプリを起動してから目的のイベントを実行するまでのファネルを作りたい場合は自分で「アプリ起動」のイベントを作る必要がありました。

今回の改善で「アプリ起動」のイベントがReproで自動的に登録されるようになったので、目的のイベントだけ設定しておけばファネルを作ることができるようになります!

【使い方】 ①Repro管理画面の「アナリティクス」から「ファネル分析」を選び、「新規ファネル分析の登録」をクリック

f:id:reproio:20161111151622p:plain

②Step1で「アプリ起動」を選択

f:id:reproio:20161111151706p:plain

③目的のイベントを設定

f:id:reproio:20161111151859p:plain

ファネル分析をまだご利用になったことがない方はこちらのドキュメントからぜひ設定してみてください!

http://docs.repro.io/ja/dashboard/analytics/funnel-analysis.html

API経由でプッシュ通知を送信できるようになりました!

API経由でプッシュ通知を送信できるようになりました!(β版)


APIによるプッシュ通知機能によって、外部のデータを利用してプッシュ通知を送ることができるので、よりパーソナライズされたマーケティングが可能になります。

例えば

  • Eコマースアプリの場合、お気に入りに登録しているブランドの新商品が入荷したタイミングでプッシュ通知を送ることができます。

  • ホテル予約アプリの場合、検討している宿の予約が埋まりそうになったらプッシュ通知を送るなどの利用が可能です。

f:id:reproio:20161111150931p:plain

APIによるプッシュ通知機能をご利用になりたい方は、 Repro管理画面右下のチャットサポートからご連絡ください!

プッシュ通知の配信結果がわかりやすくなりました


プッシュ通知の開封率を「開封数 ÷ 配信デバイス数」で計算するようにしました。

f:id:reproio:20161111151046p:plain

この変更に伴い、わかりにくかった「配信対象ユーザー数」「対象ユーザー数」の項目をプッシュ通知一覧画面とプッシュ通知レポート画面から除きました。