Repro

Repro

Reproをチームで使ってみよう!

SDK開発チームの@jollyjoesterです。

前回の投稿「Reproの動画画面を使ってみよう!」にてReproで録画した動画の見方を紹介しました。

動画が見れるようになったら「見て見て、このユーザーこんなアプリの使い方をしてるよ!」とチームのメンバーに共有したくなるシーンがきっと出てくると思います。

今回はチームのメンバーを招待して一緒にReproの管理画面を使う方法をご紹介します。

アプリの設定

メンバーを招待する前にアプリの設定をしておきましょう!

「アプリ名」と「アイコン画像」を設定すると、招待されたメンバーにも、どのアプリの管理画面に招待されたのかがわかりやすくなります。あと、管理画面にアプリのアイコンを設定すると気分が乗ってきます(`・ω・´)

アプリ名とアイコンは管理画面の左上に表示されます。初期状態では味気ないアイコンとNew appというアプリ名になっています。

f:id:reproio:20150731153851p:plain

アプリ名とアイコン画像の設定は

  1. 「設定」をクリック
  2. 「基本設定」をクリック
  3. 「アプリ」欄

にて変更することができます。

f:id:reproio:20150731155420p:plain

アプリ名は任意の名前をつけられます。

今回は「ReproBlog/Dev」と名付けます。アイコン画像は「png」か「jpeg」で1MBまでの画像を設定できます。アプリ用に用意したアイコン画像があればそのまま流用すると楽です;-)

アプリ名とアイコンを設定して、「更新する」を押すと設定が反映されます。

Tips : Development環境とProduction環境でReproの管理画面を分けたい場合などは今回のように「アプリ名+Dev」のような名前をつけるとわかりやすいです。アイコンもちょっと色を変えたり文字を重ねたりすると区別しやすくなります。 現在の環境にもう一つ、例えばProduction用の管理画面が欲しい場合などは、アプリ一覧のところの「+ 新規アプリの登録」からアプリを作成してください。

f:id:reproio:20150731155442p:plain

これでアプリの設定が完了です。

メンバーの招待

さて、本題のメンバーの招待です。

メンバーの招待は

  1. 「設定」をクリック
  2. 「メンバー管理」をクリック

で表示される画面にて行います。

f:id:reproio:20150731155754p:plain

招待したいメンバーのメールアドレスを入力して、アクセス権を設定します。

アクセス権は「Full access」と「Read only」があります。「Read only」にするとアナリティクスや動画は見れますが、設定画面にて設定の閲覧や変更ができない権限でメンバーを招待できます。

招待されたメンバーには下記の画像のような招待メールが届くので、「Check it now」をクリックしてReproにログインまたはアカウント作成をしてもらってください。

f:id:reproio:20150731161036p:plain

今回は「Read only」でメンバーを一人招待してみました。

招待された人からの設定画面は下記のようになります。設定画面で見える情報が少なくなっていますね。

f:id:reproio:20150731161234p:plain

Tips : 招待された方はデフォルトでメール通知がオンになっています。 「毎回動画が上がってくる度に通知はいらないよ!」という方はこちらはオフにしておいてください。

f:id:reproio:20150731161427p:plain

以上でメンバーの招待は完了です。

上司、同僚、開発仲間、デザイナー、UI/UXチームなど、アプリの改善を目指すメンバーみんなでご活用ください。

不明な点があったら?

Reproの使い方に関してご不明な点がございましたら下記をご利用ください。

f:id:reproio:20150731164817p:plain

  • Live chat support : ご不明点についてchatでお問い合わせいただけます。その場で返信できなかった場合はメールにて返信いたします。
  • お問い合わせ : ご不明点についてメールでお問い合わせいただけます。
  • ドキュメント : 主にSDKAPIの使用方法などが記載されています。
  • ヘルプ : これまでのお問い合わせいただいた内容をFAQとしてまとめています。

タイミング次第で私もLive chat supportに入っていますのでお気軽にお声をおかけください:-)

次回はReproを有効に使うためにとっても大事な「カスタムイベントの仕込み方」をご紹介したいと思います。

Repro : https://repro.io