Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Repro

Repro

【イベントレポ】ニフティクラウドmobile backend アプリ開発セミナー に参加してきました!

イベントレポ

 ニフティ社で開催された「ニフティクラウドmobile backend アプリ開発セミナー」に登壇し、Reproの導入と利用事例についてお話させていただきました。他に登壇した方々のプレゼンとあわせてまとめてみましたので、アプリ開発のヒントにしていただければと思います!

ncmb.connpass.com

今回のセミナーはこれからアプリを作ろうと思っている、もしくはすでにアプリの運用や改善を担当している方を対象とした内容でした。資料は公開され次第追加したいと思います。

プロトタイピングで変わるアプリ開発

登壇者:株式会社グッドパッチ アカウントマネージャー/UXデザイナー 佐宗 純(さそう じゅん)氏

f:id:reproio:20151213175715j:plain

株式会社グッドパッチにて「Prott」を使ったプロトタイピングワークショップの講師や自社イベント「UI Crunch」の運営を務めている佐宗さん。

Prottは「easy to use」をコンセプトとしたプロトタイピングツールです。Prottでアプリのラフデザインを撮影し画面間のアニメーションとトランジションを設定すれば、コーディングなしで実際のアプリと同じ動きをするプロトタイプを作ることができるようになっています。

prottapp.com

ワイヤーフレーム作成時にiOSAndroidそれぞれの標準パーツが選べる機能や、プレビュー機能でアプリを実際に使っているシチュエーションの選択(通勤、外出など)ができる機能など、アプリのイメージをチームで共有するために細かい機能に工夫が見られます。

また、自社でたくさんアプリを開発している企業ではProttがプロジェクトの進捗管理やUI/UXのナレッジシェアとしても使われていたり、受託がメインの会社ではProttを使った打ち合わせでヒアリングしたイメージをその場でプロトタイプして提案していたりするようです。

プレゼンの最後に「Prottはプロトタイプを作るツールではなく、プロトタイピングをチームに根付かせるツールです」とおっしゃっていたのが印象的でした。UIデザインの会社が作っているツールなだけあって、とても使いやすそうだなと思いました!

HTML5ハイブリッドアプリの活用ポイント 〜10万人のMonacaユーザーの事例から〜

登壇者:アシアル株式会社 取締役 マーケティング・事業開発担当 塚田亮一氏

f:id:reproio:20151213175649j:plain

 株式会社アシアルにてマーケティング・事業開発の責任者として「Monaca」の普及に努めている塚田さん。「日本一餃子を食べているサラリーマン」としてTV出演の経験もあるなど、マルチに活躍されています。

「ネイティブアプリエンジニアのリソース不足」「デバイスの多様化によるクロスプラットフォーム対応の大変さ」などを背景にしてハイブリッドアプリ開発に注目が集まってきているとのこと。

HTML5が抱えていた「ネイティブアプリと比べてパフォーマンスが悪い」「デバッグ環境が整備されていない」「ソースコードを隠蔽できない」といった課題をMonacaは解消しており、クラウドベースでスマホアプリの開発環境を提供しています。

ja.monaca.io

ブラウザ上に開発環境があるので、MacがなくてもiOSアプリを作ることができますね!ビルドなしで実機確認できるのも嬉しいです。OnsenUIというフレームワークを使えば動きもネイティブアプリの動きに近いものが実装できます。

事例として挙がっていたジャパンネット銀行のアプリをダウンロードしてみましたが、確かに使っている間はハイブリッドアプリであることは全く意識しませんでした。

非IT業界をはじめとして、アプリ開発のインフラが整っていない企業がアプリを作りたいというニーズは今後ますます高まってくると思います。ハイブリッドアプリ開発のフレームワークCordovaのコミュニティも盛り上がりを見せていますので、引き続きウォッチしていきたいと思います!

プッシュからデータ保存まで。アプリ開発でニフティクラウド mobile backendを使う上での良くある質問、疑問にお答えします

登壇者:ニフティクラウド mobile backend エバンジェリスト 中津川 篤司 氏

f:id:reproio:20151213175641j:plain

 有名ブログ「MOONGIFT」の中の人でおなじみ中津川さん。企業の外部開発者との繋がりをサポートするDevRel事業の一環で、ニフティクラウドエバンジェリストを務めています。

アプリ開発において見た目のデザインや操作性とともに考慮しなければいけないのがサーバーサイドの開発。ニフティクラウドmobile backendは、サーバーサイドでよく利用される機能をクラウドから提供するサービスです。

mb.cloud.nifty.com

正直なところお話を聞く前までは「mBaaSってバックエンド作りこむ必要がない単純なアプリ向けなんでしょ?」と思っていたのですが、データーベース機能やストレージ機能もあり驚きました!Monacaとも連携しているので、HTMLとjsの知識さえあればすぐにでも開発を始められますね!

2015年のベストアプリに選ばれたゲームアプリはサーバーサイドエンジニアなしで開発されたという事例や、海外製のプッシュASPからニフティクラウドへの乗り換えで90%以上のコストカットに成功したという事例もあり、導入メリットは十分あると感じました。これからアプリ開発を考えている方は、ニフティクラウド mobile backendの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

講演4:〜導入から事例まで〜 アプリの成長を支援する「Repro」の使い方をご紹介!

登壇者:Repro株式会社 エンジニア 七島 偉之氏

f:id:reproio:20151213175658j:plain

弊社からはエンジニアの七島が登壇しました。

改めてReproのご説明をさせていただくと、Reproはアプリの課題発見から解決のための施策までワンストップで提供している分析&マーケティングツールです。他の3社のツールはアプリの開発フェーズで非常に役立つものでしたが、Reproはアプリがリリースされた後の運用フェーズで役に立つツールです。

今回はECアプリを例に、ファネル分析によって「カートには入れたけれども商品購入には至らなかったユーザー」が多いことを特定し、彼らが操作している様子を動画で見て離脱した要因を分析できることや、離脱したユーザーだけに絞ってプッシュ通知やアプリ内メッセージが送信できることをご説明させていただきました。

セミナー後の懇親会やアンケートで「離脱してしまったユーザーの操作を動画で見ることができて、その層だけを絞り込んでプッシュ通知やアプリ内メッセージを出せるのはすごい」とご評価いただきました!

動画機能に注目が集まることが多いReproですが、その他の機能も充実していますので是非使ってみてください!アカウント作成は下記URLから10秒でできます。

repro.io

まとめ

 いかがだったでしょうか?アプローチこそ違いますが、4社ともアプリ開発における課題を解決してくれる優れたツールであることがお伝えできたかと思います。今後もこういったセミナーを通じてReproの魅力をどんどん発信していきたいと思います!ご登壇された皆様、お疲れさまでした!