Repro

Repro

アプリの改善ノウハウをシェアするイベント「Growth Hack Talks by Repro #1」を開催しました!

8月2日(火)、アプリの改善担当者向けのミートアップ「Growth Hack Talks by Repro #1」を開催させていただきました!

repro.connpass.com

定員の50名を大幅に超える100名以上の方に参加登録いただき、増枠のご要望もたくさんいただきました。 今回はその模様を少しお伝えできればと思います!

Growth Hack Talksとは?

f:id:reproio:20160801112435j:plain

「Growth Hack Talks」とは、アプリのディレクター・マーケター・エンジニアなどReproのユーザーに限らずアプリの成長をミッションとする方々を集めて自社アプリの課題やそれに対する取り組み、改善のノウハウなどをシェアしてもらうイベントです。

イベント開催のきっかけ

バイルアプリ市場の拡大に伴いアプリの分析やマーケティング手法に関する情報への需要も高まっていますが、 アプリの改善ノウハウはWebサービスのそれと比べるとまだまだ少ないのが現状です。

このような背景を踏まえ、メイン事業である「Repro」の開発・運用以外にもアプリの改善コンサルティングやオウンドメディア「グロースハックジャーナル」などを通じて様々なアプリの成長を支援してきたReproが、より広い範囲でアプリビジネスに携わる方々を支援するために参加者同士でアプリマーケティングの成功事例や改善の知見を共有するイベントを主催することにいたしました!

イベント概要や開催の経緯についてはTHE BRIDGEさんにも取り上げていただいていますのでそちらもご覧下さい!

thebridge.jp

第一回目のテーマ

記念すべき初回のテーマは「アプリの立ち上げ〜リリース初期のグロースハック」と題し、ニュースアプリ「日経電子版」、キュレーションアプリ「MERY」、ビジネス向けマッチングアプリ「yenta」、そしてゲームアプリ「100億人の俺の嫁」の改善担当者をスピーカーに迎え、立ち上げ前からリリース直後のフェーズでどういった施策を行い初期ユーザー獲得に繋げたか、そしてその後どうユーザー数を伸ばしていったかというお話をしていただきました。

発表内容の詳細については自社メディア 「グロースハックジャーナル」で詳しくご紹介していますので、ここでは登壇者と発表内容のハイライトのみのご紹介とさせていただきます :)

500万DL達成!MERYアプリの3つのKPI

登壇者:株式会社ペロリ  有川 鴻哉(ありかわ こうや) 様

f:id:reproio:20160803025510j:plain

トップバッターは株式会社ペロリの創業メンバーとしてデザイン周りやグロースの責任者を務めている有川さん。

いまや女子の間で知らない人はいないメディアに成長したキュレーションメディア「MERY」のアプリの初期戦略についてお話ししていただきました!

詳しいご登壇内容はこちらをご覧ください。

growthhackjournal.com

100億人の俺の嫁で効果のあった施策

株式会社マスカチ  池田 純平(いけだ じゅんぺい) 様

f:id:reproio:20160803025613j:plain

2番目に登壇されたのは株式会社マスカチの代表取締役CEOを務める池田さん。

『100億人の俺の嫁』『超ヒモ理論』といったユニークなゲームアプリを次々にヒットさせている秘訣を伺いました!

詳しいご登壇内容はこちらをご覧ください。

growthhackjournal.com

初期フェーズにおけるプロダクト成長戦略

登壇者:日本経済新聞社  赤間 夏樹(あかま なつき) 様

f:id:reproio:20160803025706j:plain

3番目は日本を代表するメディア『日経電子版』のiOSアプリを担当している赤間さん。

アプリのリニューアル後の改善の取り組みについて、組織作りについてなども交えながらお話をしていただきました。

詳しいご登壇内容はこちらをご覧ください。

growthhackjournal.com

MAU率80%のyentaのすべて(UX設計・チーム作り・立ち上げ・グロースなど)

登壇者:株式会社アトラエ  岡 利幸(おか としゆき) 様

f:id:reproio:20160803025803j:plain

最後の登壇者はアトラエでCTOと新規事業統括を兼務されている岡さん。利用者急増中のビジネスマン向けマッチングアプリ「yenta」のグロースについてあますことなくお話しいただきました!

詳しいご登壇内容はこちらをご覧ください。(前編・後編の2本立てです!)

前編

growthhackjournal.com

後編

growthhackjournal.com

懇親会

懇親会では事例発表の感想や自社アプリの改善のご相談までたくさんの参加者とお話しさせていただきました。

f:id:reproio:20160803025925j:plain

f:id:reproio:20160803030020j:plain

f:id:reproio:20160803030116j:plain

f:id:reproio:20160803030156j:plain

「Growth Hack Talks」は今後も定期的に開催いたします。「このイベントに来れば自社アプリの改善に関するヒントがぜったいに見つかる」というようなコミュニティにしたいと思っておりますので、今後ともぜひよろしくお願いします!

次回以降の登壇者も大募集中ですので、登壇したいというかたはぜひ media@repro.io までご連絡ください :)

ご参加いただいた皆様、そして会場を提供してくださったギークス株式会社様、本当にありがとうございました!

イベントレポ

「ブログ・メディア枠」としてご参加いただいた方からイベントレポを書いていただきました!こちらもぜひ読んでみてください :)

まとめ: Growth Hack Talks by Repro #1

qiita.com

【レポート】Growth Hack Talks by Repro #1に参加して来ました!

dev.classmethod.jp

アプリのグロースハックについて LTまとめ(ペロリ/マスカチ/日本経済新聞社/アトラエ)

chanchika.hatenablog.com

コストゼロで月10万DL超え。CPC驚異の1円で韓国のApp Store総合3位になったカジュアルゲームアプリの施策とは

unsolublesugar.com

次回以降の登壇者募集!

次回以降のイベントでLT(ライトニングトーク)してくださる登壇者を募集しています!テーマはアプリのグロースハックに関することやその周辺領域のお話であれば何でもokですが、宣伝主体となるLTはお控えください。 ※内容に関しては事前に審査させていただきますのでご了承下さい。

LTご希望の方は、下記ご確認のうえ件名に「LT登壇希望」と記載し 運営元のメールアドレス「media@repro.io」 にメールいただければと思います。

メールに記載いただきたい内容

  • 会社名
  • ご登壇者名
  • アプリ名:担当/開発しているアプリがあればご記載ください。
  • LT内容のサマリー:どういったお話をしたいと考えているか簡単にご記載ください。