Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Repro

Repro

<アプリの現状を一目で確認できる> Reproの新ダッシュボード機能

Releases Repro マニュアル

本日は、アップデートされたばかりのダッシュボード機能の使い方についてご紹介します!

Reproのダッシュボードにはアプリの主要な指標(アクセス数やアクティブユーザー数、継続率)が表示されています。それに加え、お好みでファネル分析やキャンペーンの効果測定のグラフ等を追加することもできます。

この機能により、どのアプリにも共通する主要な指標はもちろん、そのアプリ特有の重要な指標や施策の効果などを一目で確認することができます。

Reproのダッシュボード

f:id:reproio:20170207181439p:plain

各画面(デフォルト)の説明

ユーザーと表示期間の選択

グラフに表示するユーザーを全ユーザー、新規ユーザーのどちらか、または両方かを選択できます。

また、グラフの表示期間を日次・週次・月次から選択できます。*1

f:id:reproio:20170207181635p:plain

アクティブユーザー数

アプリのアクティブユーザー数がどう推移しているのかが一目でわかります。

f:id:reproio:20170207182205p:plain

リテンション率

アプリの翌日(翌週、翌月)の継続率を表示しています。このグラフを見ることで、継続率の向上を目的とした施策の効果が出ているかどうか分かるようになっています。

f:id:reproio:20170207184259p:plain

セッション数

アプリの当日(当週、当月)のセッションの総数が表示されています。Reproでは、「アプリを起動してからホームボタンなどを押してアプリがバックグラウンドに移行する、もしくは完全にアプリを終了させる」までを1セッションとしてカウントしています。例えばあるユーザーが一日に3回アプリの起動と終了を繰り返した場合、セッション数は3回としてカウントされます。

f:id:reproio:20170207184434p:plain

平均セッション長

Reproにおける平均セッション長とは、ユーザーがアプリを起動してからホームボタンなどを押してバックグラウンドに移行する、もしくは完全にアプリを終了させるまでの平均時間を表しています。つまり1セッションあたりのユーザーの平均滞在時間です。

f:id:reproio:20170207184555p:plain

ユーザーあたりのセッション数

こちらでは1ユーザーあたりのセッション数を見ることができます。

f:id:reproio:20170207184656p:plain

ダッシュボードのカスタマイズ

ダッシュボードのカスタマイズは、そのアプリにとって重要な指標や実施中の施策の効果を追いたいときに便利です。

例えばECアプリの場合、アプリ起動から商品購入までのフローをファネルとして設定し、どれくらいのユーザーが商品購入(コンバージョン)しているかチェックしているかと思います。そういった常日頃から見るものをダッシュボードに置くことで、画面遷移の手間が省け、自社アプリの重要なKPIを一目で把握できます。

各種分析やキャンペーンの設定方法、使い方については別の記事でご説明するため、ここでは既に設定済みのファネルを例にダッシュボードにグラフを追加する方法をご説明します。

  1. ファネル分析の一覧画面上での⚙のマークをクリックする
  2. 表示されたダイアログから「ダッシュボードに追加」を選択

手順はたったのこれだけとなり、ダッシュボード上にファネル分析のグラフが表示されます。

f:id:reproio:20170207185228g:plain

以上で新しくなったReproのダッシュボード機能の説明を終わります。

ダッシュボードについて何かご不明な点があればお気軽にsupport@repro.ioへお問い合わせください!

*1:新規ユーザーの場合、その日/週/月に登録した新規ユーザーという意味です。