Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Repro

Repro

Reproマニュアル〜プッシュ通知編①〜

f:id:reproio:20170210160643p:plain こんにちは!カスタマーサポートチームの山田卓です!

f:id:reproio:20170210160750p:plain こんにちは!同じくカスタマーサポートチームの七島です!

f:id:reproio:20170210160533p:plain こんにちは!新米アプリマーケターの多田萌です!


プッシュ通知画面について

まずはプッシュ通知の一覧画面についてです。

f:id:reproio:20170409222326p:plain

f:id:reproio:20170210160643p:plain

ここを見ると配信数や開封数、さらにコンバージョン数やコンバージョン率などがわかります!(コンバージョン数やコンバージョン率はプッシュ通知を登録する時に設定が必要です) キャンペーンを複製する場合は⚙をクリックして「複製する」をクリックしてください

f:id:reproio:20170210160750p:plain

続いて配信履歴の画面を見てください。 プッシュ通知の一覧から一つ選んでクリックすると以下の画面が開かれます。

f:id:reproio:20170409222422p:plain

このページでは配信したプッシュ通知の ①配信数、②開封数と開封率、③コンバージョン数と開封数あたりのコンバージョン率、 ④コンバージョン率、⑤プッシュ通知の結果の推移のグラフ を確認できます。 コンバージョンを設定せずに送信したプッシュ通知の場合、③と④は表示されません。

新しくプッシュ通知を作成する(キャンペーン名を追加)

f:id:reproio:20170210160643p:plain

では早速プッシュ通知の作成の仕方に移りましょう。 プッシュ通知一覧の右上にある「新しいプッシュ通知の作成」をクリックするとプッシュ通知の新規作成画面が表示されます。

f:id:reproio:20170409222545p:plain

f:id:reproio:20170210160643p:plain

順を追ってご説明していきましょう! まずは一番上のキャンペーンの概要についてです。

f:id:reproio:20170409222625p:plain

キャンペーンのゴールを設定する

f:id:reproio:20170210160643p:plain

この画面ではプッシュ通知の一覧に表示されるキャンペーン名の設定とキャンペーンのゴールを設定することができます。 キャンペーン名は必須入力ですのでご記入ください。 キャンペーンのゴールは任意ですが、アプリ内での具体的なアクションを促すプッシュ通知などを送信する場合は、それに付随したイベントをキャンペーンのゴールに登録することでプッシュ通知によってどのくらいのユーザーがそのアクションを実行したか(コンバージョンしたか)をコンバージョン率として計測することができます。

f:id:reproio:20170210160533p:plain

目的を持ってプッシュ通知を配信するのはもちろんですがその効果を数値としてモニタリングできるのはとても便利ですね!

f:id:reproio:20170210160643p:plain

次に移りましょう。

f:id:reproio:20170409222726p:plain

こちらの画面では送信するプッシュ通知の設定を行います。まずはプッシュ通知の種類を決定してください。

JSONにより配信する

f:id:reproio:20170210160643p:plain

JSONを選択した場合、以下のような画面が表示されます。

f:id:reproio:20170409222806p:plain

ここでカスタムペイロードを設定してください。

メッセージで配信する

f:id:reproio:20170210160643p:plain

メッセージでプッシュ通知を送信する場合、以下の画面にプッシュ通知で送信するメッセージを記入してください。

f:id:reproio:20170409222849p:plain

f:id:reproio:20170210160750p:plain

ちなみにこのメッセージには絵文字も記入できるんですよ!😄

f:id:reproio:20170210160533p:plain

そうなんですか!すご〜い😮

f:id:reproio:20170210160750p:plain

でしょ?😎すごいでしょ?😏

f:id:reproio:20170210160643p:plain

・・・(笑)

実際に絵文字を使ったプッシュ通知を送信されているPoiboy様の事例はこちらです!

growthhackjournal.com

プッシュ通知にディープリンクを仕込む

f:id:reproio:20170210160643p:plain

さらにアプリ内でディープリンクを実装している場合、プッシュ通知にディープリンクを仕込むことができます。ディープリンクを仕込むことで、ユーザーがプッシュ通知を開いた時にアプリ内の特定の画面に直接遷移させることが可能になります。

f:id:reproio:20170210160533p:plain

ディープリンク

f:id:reproio:20170210160643p:plain

アプリにディープリンクが実装されているかわからない場合はエンジニアに聞いてみてください!

f:id:reproio:20170210160533p:plain

実装してたみたいです!

f:id:reproio:20170210160643p:plain

はい、次にプッシュ通知のサウンドの設定もしてみましょう。

プッシュ通知にサウンドを追加する(iOSのみ)

f:id:reproio:20170210160643p:plain

先ほどの画面の左下にある「プッシュ通知のサウンドを変更する」をクリックしてみてください。以下のような画面が現れます。

f:id:reproio:20170409230512p:plain

こちらでは、アプリにあらかじめ仕込んでおいたサウンドファイルを設定することでプッシュ通知が配信された時のサウンドを変更することができます!

f:id:reproio:20170210160533p:plain

え〜!早速エンジニアにファイル仕込んでもらわなきゃ!どんなサウンドにしよう・・・

f:id:reproio:20170210160643p:plain

プッシュ通知の工夫の幅が広がりますね!


次回はプッシュ通知の配信設定について説明いたします!

ここまでで何かご不明な点、気になる点がありましたらいつでもsupport@repro.ioにご連絡ください!