Repro

Repro

Reproマニュアル〜プッシュ通知編②〜

前回は、プッシュ通知画面やプッシュ通知の作成方法について説明いたしました!もう一度読みたい方はこちら

blog.repro.io

今回は、プッシュ通知の配信設定についてご説明していきます。


f:id:reproio:20170210160643p:plain こんにちは!カスタマーサポートチームの山田卓です!

f:id:reproio:20170210160750p:plain こんにちは!同じくカスタマーサポートチームの七島です!

f:id:reproio:20170210160533p:plain こんにちは!新米アプリマーケターの多田萌です!


f:id:reproio:20170210160643p:plain

では続いて配信設定に移ります。

f:id:reproio:20170409232344p:plain

配信方法には時刻を指定して配信する方法とAPIを利用して配信する方法の2種類があります。

APIを利用してプッシュ通知を配信する

f:id:reproio:20170210160643p:plain

プッシュAPIを利用する場合はドキュメントのプッシュAPIのページをご参照ください!

f:id:reproio:20170210160533p:plain

プッシュAPIを利用するとどんなことができるんでしょうか?

f:id:reproio:20170210160643p:plain

プッシュ通知をReproの管理画面からではなく、自社のサーバーやアプリなどから配信できるようになります!

時刻を指定して配信する

f:id:reproio:20170210160643p:plain

プッシュ通知を送信するには「キャンペーンの作成後すぐに配信を開始」するか、「指定された時刻に配信」するかのどちらかを選択する必要があります。 「キャンペーンの作成後すぐに配信を開始」を選択した場合、画面下の「キャンペーンを開始」をクリックすると同時にプッシュ通知が送信されます。 指定された時刻に配信する場合、以下の画面で配信時刻を設定してください。

f:id:reproio:20170409232642p:plain

プッシュ通知の分割配信を利用する

f:id:reproio:20170210160643p:plain

さらにアプリのサーバー負担を減らすために分割配信を利用することができます。 追加設定のチェックボタンをクリックすると以下のような表示が現れるので60秒ごとに送るプッシュ通知の数を設定してください。

f:id:reproio:20170409232735p:plain

プッシュ通知の配信対象を設定する

f:id:reproio:20170210160643p:plain

最後に配信対象を設定します。

f:id:reproio:20170210160533p:plain

いよいよですね!

f:id:reproio:20170409232817p:plain

f:id:reproio:20170210160643p:plain

上の配信対象設定画面でフィルターの選択枠をクリックするとイベント、ユーザープロフィール、全ユーザー、テスターの中から対象をセグメントする条件を選択できます。

f:id:reproio:20170210160533p:plain

なんだか難しそうですね・・・

f:id:reproio:20170210160643p:plain

プッシュ通知のセグメント機能は初めての方には少し難しいかもしれませんが、使いこなせるとプッシュ通知でマーケティングを行う上で強い武器になりますからぜひ色々と条件を変えて試してみてください!

プッシュ通知の配信対象のセグメント例

f:id:reproio:20170210160643p:plain

イメージがつきやすいようにいくつかの例をご紹介します。

①最後にアプリを起動したのが3日前であるユーザー

f:id:reproio:20170409232930p:plain

アプリ起動を3日以内に1回以上実行したユーザーのうち、and notでアプリ起動を2日以内に1回以上実行したユーザーを省くことで最後にアプリ起動をしたのが3日前のユーザーをセグメントすることができます。

f:id:reproio:20170210160533p:plain

なるほど!

②最後に「買い物かごに入れる」を実行したのが一週間以上前の女性ユーザー

f:id:reproio:20170409233116p:plain

f:id:reproio:20170210160643p:plain

こちらはセグメントが少し複雑なので詳しくご説明しましょう。 まずはフィルターの選択枠からユーザープロフィールを選択、さらにユーザープロフィールの中でGenderを選択します。

f:id:reproio:20170409233225p:plain

すると・・・

f:id:reproio:20170409233245p:plain

このような画面が表示されます。 値の部分にユーザープロフィールに登録している値を記入します。多田さんのアプリの場合性別を男性・女性・その他で登録しているので、ここでは女性と記入します。

さらに女性ユーザーの中で最後に「買い物かごに入れる」を実行したのが一週間以上、つまり直近の一週間で「買い物かごに入れる」を実行したユーザーを除きたいので、「and not」を選択し、イベントから「買い物かごに入れる」を選択します。

f:id:reproio:20170409233310p:plain

日数を7日以内に変更します。

f:id:reproio:20170409233330p:plain

これで女性ユーザーのうち、一週間以内に「買い物かごに入れる」を実行していないユーザーがセグメントされます!

f:id:reproio:20170210160533p:plain

ほ〜!すごい!

f:id:reproio:20170210160643p:plain

このようにセグメントの組み方は組み合わせによって自由自在なのです! もしこんなセグメントで送ってみたいけど、どうやって設定したらいいんだろう?といった場合は管理画面右下のチャットボックスからお気軽にご質問ください。

プッシュ通知を定期配信に登録する

f:id:reproio:20170210160533p:plain

でも毎日毎日プッシュ通知を設定して配信するのって根気がいりますよね・・・

f:id:reproio:20170210160750p:plain

気合です!!😤

f:id:reproio:20170210160533p:plain

気合!?

f:id:reproio:20170210160643p:plain

いやいや・・・(笑) そんな時は定期配信機能を使いましょう!

f:id:reproio:20170210160533p:plain

なんか便利そうな響き!

f:id:reproio:20170210160643p:plain

定期配信を利用すると、指定された日時に指定した条件で自動でプッシュ通知を送信することができます。 例えばどのようなプッシュ通知を定期配信に登録したいと思われていますか?

f:id:reproio:20170210160533p:plain

うーん、そうだなぁ。 初回起動から3日以内にアプリを一度も起動していないユーザーに再訪を促すプッシュ通知を送ってみたいですね。

f:id:reproio:20170210160643p:plain

なるほど! では先ほどの配信設定の画面に戻って定期配信の設定方法をご説明しましょう。 まずは「時刻を指定して配信」を選択、次に「指定された時刻に配信」を選択します。

f:id:reproio:20170409233554p:plain

デフォルトでは配信時刻の最初の選択欄が「一度だけ」になっていますので、ここを毎日か毎週に変更することで定期配信が可能になります!

f:id:reproio:20170210160533p:plain

簡単ですね!

f:id:reproio:20170210160643p:plain

では実際に先ほど多田さんがおっしゃっていたプッシュ通知を設定してみましょう!

初回起動から3日以内にアプリを一度も起動していないユーザーを毎日セグメントし、定期配信機能を使ってプッシュ通知を送信する。 まずは配信時刻の設定です。毎朝9時にプッシュ通知を送るとしましょう。 設定は以下のようになります。

f:id:reproio:20170409233638p:plain

次にセグメントです。 残念ながら「新規ユーザー」という絞り込み条件は存在しないので初回起動時にのみ実行されるイベント(例えばチュートリアルなど)を3日以内に実行したユーザーのうち、2日以内に一回以上アプリを起動したユーザーを除くことでお望みのセグメントが完成します!

f:id:reproio:20170409233721p:plain

f:id:reproio:20170210160533p:plain

これで何もしなくても毎日、3日前にアプリを初めて起動した新規ユーザーの中から2日以内にアプリを起動していないユーザーを抽出してプッシュ通知を送ってくれるんですね!

f:id:reproio:20170210160750p:plain

その通りです!

f:id:reproio:20170210160533p:plain

でも、ときどきプッシュ通知の文言などを変えてどんな文言が効果が高いのか分析してみたいんです・・・。その度に更新しないといけないのでしょうか?

f:id:reproio:20170210160643p:plain

定期配信中のプッシュ通知を編集して文言を変えれば、その前後で開封率やコンバージョン率がどのように変化したかがグラフによって確認できます。編集するときはプッシュ通知一覧から編集したいプッシュ通知をクリックし、さらに右上の「編集」をクリックしてください。


プッシュ通知についての説明は以上です!

何かご不明な点、気になる点がありましたらいつでもsupport@repro.ioにご連絡ください!