Repro

Repro

【爆速成長市場に迫る!】漫画アプリのグロースハックのノウハウをシェアするイベントを開催しました!

9月14日(木)、弊社主催のミートアップ「Growth Hack Talks」の第6回を開催いたしました!

「Growth Hack Talks」は、「アプリの成長をミッションとする人たちがグロースハックのノウハウをシェアし合うイベント」です。今回は漫画アプリ特集ということで渋谷のブックカフェ「BOOK LAB TOKYO」を会場としてお借りしました!ぐるっとと本に囲まれた空間でのイベントは今回のテーマにぴったりの場所で和やかなムードが生まれていました。 

こちらのブログでは当日の模様を少しだけお伝えいたします!

今回のテーマ

f:id:reproio:20170915073740p:plain

今回のテーマは「秋だ、読書だ!漫画アプリ特集!」 アプリ業界で今もっとも勢いのある市場の一つである漫画アプリ。大手出版社から新興ベンチャー企業までが漫画アプリを提供し、群雄割拠の様相を呈しています。

漫画アプリに携わる一流編集者&ディレクター&マーケターが本音やノウハウを語る、マンガビジネス最前線!と銘を打ち、 ユーザー獲得や継続、マネタイズ、コンテンツ戦略などにどう取り組まれているかをお話いただきました。 これでもか!?という程ぶっちゃけた話をしていただき大盛況となりました。

登壇企業各社の発表内容の詳細については、後ほど「グロースハックジャーナル」でイベントレポとして詳しくお伝えしますので、ここでは登壇者と発表内容のハイライトのみのご紹介とさせていただきます。

株式会社ディー・エヌ・エー 安江 亮太 様

「マンガボックスのマネタイズ手法、編集方針について」


トップバッターは人気漫画家の新作連載が読める「マンガボックス」を運営する株式会社ディー・エヌ・エー 安江さんにお話しいただきました。 マネタイズの歴史とあゆみを"原始時代" “戦国時代"、、そして"平成(なう)"などと表現されており、ビジネスモデルの変遷やその時々のチャレンジ時代の移り変わりを物語のように語ってくださいました。スライドでもトークでも楽しめました!

f:id:reproio:20170915162618j:plain

NHN comico株式会社 大藤 充彦 様

「グローバル展開における課題と施策」


2番目は、世界累計2,500万DL、漫画アプリの重鎮的存在「comico」を運営するNHN comico株式会社 大藤さん。 グローバル展開を視野に入れている事業者も多い漫画アプリ業界の中で一足早く5か国にサービス展開をされているcomico。リリースのタイムラグによりどんな問題が起き、どんな解決策を導かれたのかをお話しいただきました!

f:id:reproio:20170915162641j:plain

株式会社フーモア 斉藤 隼大 様

「お金をかけないユーザー獲得術・漫画アプリ広告マネタイズ解体新書」


3番目は、恋愛好きな女の子のためのコミックアプリ「コミックエス」を運営する株式会社フーモア 斉藤さんです。 流れるようなトークで会場はもう、斉藤さんの虜状態!! 如何にして投資を少なくユーザーを獲得しているかのASOテクニック、広告モデルゆえのマネタイズ術など、ノウハウを惜しみなく提供していただきとても勉強になりました!

f:id:reproio:20170915162723j:plain

株式会社Nagisa 樋田 顕 様

「ユーザーがサービスに定着するまでのUXフローを分解した有効なグロースハック例」


最後は、レンタル販売による漫画放題アプリ「マンガzero」、恋愛、少女漫画アプリ「マンガTiara」毎日テーマを変えておすすめをしてくれる新感覚漫画アプリ「マンガの時間」を運営する株式会社Nagisa 樋田さん!メインKPIにされているという継続率。継続率を高めたときの波及効果と高めるためにUX改善を繰り返し行った樋田さんだから語ることのできるGOOD事例とBAD事例をややほろ酔い状態の中、惜しげもなく披露してくださいました!

f:id:reproio:20170915162732j:plain

第二部 パネルディスカッション

第二部ではパネルディスカッションも行いました!モデレーターを弊社代表の平田、ご登壇者の皆様をパネラーとして、平田が切り込みまくる!!という初の取り組みでしたが、こちらも大盛り上がり。漫画アプリ市場が盛り上がっている背景の考察や各社の考えるグローバル展開など、ここでしか聞けない話で盛り上がりました。

「登壇頂いた方々の奉仕精神が素晴らしかったこともあり、これまで開催したGrowth Hack Talksの中で一番内容の濃い会になりました! マンガアプリ業界の方々って器がでかい!サイコー!!」by Repro平田

f:id:reproio:20170915155501j:plain

会場の様子

今回も満員御礼です。ありがとうございます! 会場はとても温かい雰囲気。漫画アプリ業界は横のつながりも強そうです!

f:id:reproio:20170915160257j:plain

各社登壇後の懇親会では、軽食をつまみながらご歓談いただきました。登壇者様の元には列ができ、お話しいただいた内容の満足度をうかがい知れることができました。 Reproからはプロダクトマネージャーをはじめ、エンジニアメンバーも数名参加しており、Reproをご利用いただいている企業様からの機能要望やご意見をお聞きする機会にもなりました!

f:id:reproio:20170915160345j:plain

最後にみんなでパチリ!!

f:id:reproio:20170915160350j:plain

Reproでは今後も様々なイベント・セミナーを企画しております。

毎回、単純な"楽しさ"だけでなく"アプリの改善に関するヒントが絶対に見つかる!" "アプリ活用のモチベーションが上がる!" というような意義ある内容にしたいと思っておりますので、今後ともぜひよろしくお願いします!

Facebookでも、イベント開催情報やリアルタイムレポートをお届けしておりますので、ぜひそちらもチェックしてみてください!

Repro Facebookページ

次回以降のイベント登壇者も大大大募集中! 登壇したいという方はお気軽に media@repro.io までご連絡ください!

ご参加いただいた皆様、ご登壇いただいた皆様、本当にありがとうございました〜!!

実はRepro、9月もまだまだイベント盛りだくさんです!!

repro.connpass.com

repro.connpass.com

次回以降の登壇者さま募集!

Repro主催のイベントでLT(ライトニングトーク)してくださる方を募集しています!テーマはアプリのグロースハックに関することやその周辺領域のお話であれば何でもOK! ただし宣伝主体となるLTはお控え下さい。 ※内容に関しては事前に審査させていただきますのでご了承下さい。

LTご希望の方は、下記ご確認のうえ件名に「LT登壇希望」と記載し 運営元のメールアドレス「media@repro.io」 にメールいただければと思います。

メールに記載いただきたい内容

  • 会社名
  • ご登壇者名
  • アプリ名:担当/開発しているアプリがあればご記載ください。
  • LT内容のサマリー:どういったお話をしたいと考えているか簡単にご記載ください