Repro

Repro

Repro×AppsFlyer アプリのユーザー獲得効果測定・マーケティングセミナーを開催いたしました!

こんにちは、Reproインターン生の前川です!

11月8日(水)、世界シェアNo.1のアプリ広告効果測定ツールを提供するAppsFlyerと共催で、「アプリのユーザー獲得効果測定・マーケティングセミナー」を開催しました! f:id:reproio:20171108193556p:plain 今回のセミナーでは「広告効果を正しく評価し、マーケティング投資効率を高めたい」「広告経由での獲得したアプリユーザーのLTVを計測し正しいROIを知りたい」「ユーザーの利用継続率を高めるコツを知りたい」「KPI改善に効果的なプッシュ通知施策を行いたい」こういった悩み・要望の解決へと繋がる内容となりました。

Appsflyer

カントリーマネージャー 大坪 直哉 さま

前半はAppsflyerのカントリーマネージャーの大坪さんにお話していただきました。いつもは大人数のイベントで登壇されてる大坪さん。今回は少人数限定セミナーということで普段大規模なイベントでは話さない細かいところまでお話いただきました! f:id:reproio:20171108193112j:plain 近年の広告業界の背景を受け『不正広告』について熱くお話されていました。不正広告とは端末IDをリセットしてインストール稼ぎ儲けを得るなど高度に組織化された活動のことです。この不正広告、日本でも急激に増えてきているらしいです。参加者の方にも被害の心当たりがある方が・・・。大坪さんによれば、Appsflyerであればこの被害を防止できるとのこと。「アンインストールの計測」と世界的なシェアを占めるからこそできるソリューションだそうです。

Repro 

アカウントマネジメント事業部 マネージャー 川村 洋平

後半は弊社川村より、スライドでReproのデモ画面を投影してスマホアプリの成長支援ツール「Repro」で具体的にどういったことができるのか?というお話しました。 f:id:reproio:20171109121235j:plainアプリのグロースのステップをReproでどう実現させるのかというノウハウを盛り込んだ話にはみなさん興味深く聞いていただいていたように思います。

また今回はAppsflyerとの連携についての話も。ReproではAppsflyerから取得したアトリビューションデータを用いてユーザーにアプローチすることが可能です。どのパターンのクリエイティブの広告がアプリダウンロードのきっかけとなったものなのかをAppsflyerで特定し、Reproのマーケティング機能を使ってその広告の内容に合わせた施策を行うことができます!たとえば、スポーツアプリで、野球のクリエイティブを踏んだことをきっかけにしてアプリダウンロードをしたユーザーに、野球に関するニュースの速報を送ってあげる、といった施策が代表的ですね。

レポートは以上です!

Reproでは今後も様々なイベント・セミナーを企画しております。来年度は大阪や博多など、東京以外でのイベントも増やしていきたいと思っておりますので、今後もチェックしてみてください!

Facebookページでもイベント開催情報やリアルタイムレポートをお届けしております! ぜひご覧ください。

Repro Facebookページ

ご参加いただいた皆様、共催いただいたAppsflyerさま、本当にありがとうございました!