Repro

Repro

【Repro×AppsFlyer】アプリのユーザー獲得効率化と継続率UP!セミナーを開催いたしました!

こんにちは、Reproインターン生の奥野です!

1月24日(水)、「アプリのユーザー獲得効率化と継続率UP!セミナー」を開催いたしました。今回は世界シェアNo.1のアプリ広告効果測定ツールを提供するAppsFlyerとの共催でした。

f:id:reproio:20171108193556p:plain 本セミナーでは、アプリ事業者から多く聞かれる
「広告効果を正しく評価し、マーケティング投資効率を高めたい」
「広告経由での獲得したアプリユーザーのLTVを計測し正しいROIを知りたい」
「ユーザーの利用継続率を高めるコツを知りたい」
「KPI改善に効果的なプッシュ通知施策を行いたい」
こういった悩み・要望の解決を目的に講演を行いました。

Appsflyer

カントリーマネージャー 大坪 直哉 氏

前半はAppsFlyerのカントリーマネージャーの大坪さんにお話していただきました。いつもは大人数のイベントで登壇されてる大坪さん。今回は少人数限定セミナーということで普段大規模なイベントでは話さない細かいところまでお話しいただきました! f:id:reproio:20180124183325j:plain アプリマーケティングを、中華料理店の例えを交えてとてもわかりやすく、楽しくお話してされていました!また、近年の広告業界の背景を受け『不正広告』について熱くお話されていました。不正広告とは端末IDをリセットしてインストール稼ぎ儲けを得るなど高度に組織化された活動のことです。

この不正広告、日本でも急激に増えてきているそうで、アプリ広告を出稿されている参加者の方々は熱心に耳を傾けていました。大坪さんによれば、AppsFlyerであればこの被害を防止できるとのこと。「アンインストールの計測」と世界的なシェアを占めるからこそできるソリューションだそうです。

Repro 

アカウントマネジメント事業部 マネージャー 川村 洋平

後半は弊社 川村より、多くのアプリ事業者の課題であるユーザー継続率(リテンション)やコンバージョン率の向上に重要な【マジックナンバー】の発見についてや、ユーザー行動の動画分析によるアプリの課題発見など、弊社が提供するツールで具体的にどういったことができるのかを、デモ画面をお見せしながらお話しさせていただきました。 f:id:reproio:20180124183617j:plain

また今回はAppsflyerとの連携方法についての話もありました。ReproではAppsflyerから取得したアトリビューションデータを用いてユーザーにアプローチすることが可能です。具体的には、複数パターンのクリエイティブ広告の中から、どのクリエイティブをきっかけにアプリがダウンロードされたかをAppsflyerで特定し、その広告の内容に合わせたマーケティング施策をReproで行うことができます!たとえば、スポーツアプリで、野球のクリエイティブを踏んだことをきっかけにしてアプリダウンロードをしたユーザーに、野球に関するニュースの速報を送る、といった施策が代表的ですね。

今回のレポートは以上です! ありがとうございました。

次回以降のイベント情報

Reproでは1月、2月もイベントを多数開催予定です! イベント詳細・お申し込みはこちら